【被災地で感じたこと!】避難時にスマホ用モバイルバッテリーは必須アイテム??

我が家の防災
この記事は約13分で読めます。

どうも、みなぽんです。

緊急消防援助隊で各地に派遣されている夫

ですが、前回は、食べるのに困った食料を

紹介しました。

今回は、持って行ってよかったものを


3つ紹介したいと思います。

今回はその中の1つ、


『モバイルバッテリーについて


紹介します。

記事の内容

・モバイルバッテリー全般の

デメリットと考え方。


・なんでスマホの充電が必要か?

・おすすめのモバイルバッテリー2機。

災害も急に発生します


災害派遣も急に決まります。

要請がかかって1時間以内には出発


することも・・・

このモバイルバッテリーでなかったら


充電ができなかったと言っていました。

日常使いもできて、災害時にも使える


モバイルバッテリーを探している人は

ぜひ最後まで見ていってください。

スポンサーリンク

モバイルバッテリー(デメリット)

このモバイルバッテリーを


防災グッズで紹介している記事

たくさんありますが、ほとんどが


間違っています。

・大容量

・軽い

このような理由でモバイルバッテリーが


紹介されている記事が多いです。

もちろん大きなメリットでしょう。

しかし、モバイルバッテリーの


永遠の課題が解決されていません。

皆さんも一度はモバイルバッテリーを


買ったことがあるのではないでしょうか?

夫は3つ、私は2つほど持っていましたが、


現在は使っていないです。

その理由が、


この課題「充電するのを忘れる」です。

必要な時にないので、


使わなくなるんですよね。

日常であれば、


「明日充電しよう!」と思うのですが

その直後に災害でライフラインが


止まるかもしれません。

これが、皆さんが持っている


モバイルバッテリーを購入した場合の


最大のデメリットです。

常にコンセントに差しておくわけには


いかないので、電気が止まってしまったら

充電する事もできません。

それならいらないってなります。

皆さんの持っている


モバイルバッテリーも一緒ですよね?

電気ないのに、電話いる?※電話の復旧は早い

結論をいいます!

必要です!!

なぜなら、ガス、水道、電気より先に


スマホの基地局が復活するからです。

実際に、夫が熊本地震の災害派遣


一番驚いたのがこれだったそうです。

熊本地震も派遣される前に、

夫

連絡できないから

帰って来るの待ってて

私<br>

うん・・・(心配)

というような会話をしたのを覚えています。


あの頃は長男がお腹の中だった・・・

私

はっ!飛んでた!!

話を戻しますが、


そんな会話をした次の日には

LINEで電話していました。

災害時の携帯電話の基地局は


車一台で復旧します。

早ければ当日に復旧します。

すごい時代ですね~。

復旧して連絡ができるようになれば


次の手が使えます。

それが・・・

被災してない地区に避難する(スマホを維持するメリット)

我が家は、3つの県を跨いで


親戚がいます。

我が家でなくても


3つや4つの都道府県に親戚がいる人も

多いのではないでしょうか?

電話がつながれば、


【ライフラインが使える】

親戚の家に避難することができます。

熊本地震で夫が感じたことですが、


熊本県内の道の駅で休憩した際に、


「電気も水もある!」

と驚いたそうです。

県内でも被災していない場所が分かれば


そこに行くことで、生活を安定する

ことも可能です。

トイレの水が流せることが
素晴らしいことだと
その時認識したそうです。

そのためには、


外部と連絡かできる携帯電話の

バッテリーは必須になります。

では、


どんなモバイルバッテリーが

いいのでしょうか?

最強のモバイルバッテリー2選

先程、モバイルバッテリーの欠点で

・必要な時にない

と話しました。

それなら、毎日スマホを充電する時に


一緒にしてしまえばいいのです。

1.Panasonic (QE-AL201)

この商品は、


使用を始めてから7年目になりますが、

現役です(笑)

スマホ1台なら満充電します。

デメリットは重さ


すでに販売が終了していることです。

スペック

・商 品 名 :QE-AL201

・ 容 量 :5000mAh 14W 急速充電(1.8A)

・ 寸 法 :高さ24×幅78×奥行93㎜

重 さ :約195g

・充電時間:AC電源 約4時間

・ 特 徴 :コンセントに刺しておけば、
     スマホ充電後モバイルバッテリー
が充電される。   

     :2端末充電できる。

販売は終了していますが、


家電量販店ではまだ販売していたりします。

もし、これがいいと思ったら


家電量販店を覗いてみてください。

耐久性は保証します!


(※夫は7年前から現在も使用中)

2.Anker (Anker Power Core Fusion)

現在使用中の Panasonic 製品が


壊れたら買おうとしている商品です。

スペック

・商 品 名 :Anker Power Core Fusion 5000

・ 容 量 :5000mAh 15W 急速充電(2.1A※最大3A)

・ 寸 法 :高さ31×幅70×奥行72㎜

重 さ :約189g

・充電時間:AC電源 不明

・ 特 徴 :コンセントに刺しておけば、
     スマホ充電後モバイルバッテリー
が充電される。   

     :2端末充電できる。

充電時間は不明でした。

バッテリーの容量は同様ですが、


充電のパワー、価格は Panasonic と

比べると Anker が優れています。

容量は5000Aと10000Aの2種類が


あります。

10000mAhの方は、


スペック

・商 品 名 :Anker Power Core Fusion 10000

・ 容 量 :9800mAh 15W 急速充電(2.4A※最大3A)

・ 寸 法 :高さ35×幅82×奥行82㎜

重 さ :約278g

・充電時間:AC電源 約4時間

・ 特 徴 :コンセントに刺しておけば、
     スマホ充電後モバイルバッテリー
が充電される。   

     :2端末充電できる。※1本は専用ケーブル

注目は容量と重さですね。

正直、Panasonic の方もかなり重たいです。

5000mAhの重さも慣れないと重たいので、


5000mAhを買ってみて慣れて物足りなく

なったら10000nAhの購入でいいと


思います。

私が気になるのは耐久力ですね。

なんせ夫は、Panasonic 製品を


7年使ってます
からね(笑)

壊れたら買ってみたいと思います。

3.他社

他社の製品で、特に聞いた事もないような


会社のバッテリーはやめましょう。

中に砂が入れられていて重量感があるように


作られているのもあるみたいです。

中国で買った大容量モバイルバッテリー 中身の大半は砂袋だった
相変わらず大胆な手法を見せてくれるぜ。

ほんとひどいですね。(笑)

まとめ

モバイルバッテリーが防災バックに


必要な理由は、

・ライフラインの中で一番最初に復旧する。

・被災地の外に逃げるために連絡する
 必要がある。

・常に充電できるようにコンセント一体型が
 間違いなくおすすめ。

ここまで読んで頂いてありがとうございました。

参考になったと思ったらポチッとお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました