津波でライフジャケットは有効性がない?持っていないと危険な人がいます。

大規模災害
この記事は約4分で読めます。

どうも、みなぽんです。

この記事は

『津波でライフジャケットは必要か?』

という内容です。

皆さんは津波の動画を観たことは

ありますか?

これが津波の映像です。

濁流ですね。

このような中、浮くことや泳ぐことは

できそうにありません。

南海トラフ地震は早いところで

2分で津波が到達する地域が

あります。

津波は垂直避難が1番と

言いますが、そもそも垂直避難できない

場所も多いと思います。

そんな中、唯一助かる方法として、

ライフジャケットはどうなのか

検証しているものがありました。

チェックポイント

・家から垂直避難ができそうにない
・会社が海から近すぎる
・ライフジャケットで助かるの?

そんな方は、最後まで見て行って

ください。

スポンサーリンク

津波災害【垂直避難】

津波災害の第一選択は

垂直避難高いところに逃げる】です。

国土交通省が出しているもので

強い地震(震度4程度以上)を感じたとき、または弱い地震であっても長い時間ゆっくりとした揺れを感じたときは、直ちに海浜から離れ、急いで高台などの安全な場所へ避難しましょう。

引用:国土交通省-津波から身を守るにはどうするの?

となっています。

直近で高いところに避難できるなら

しましょう。

津波の避難できる施設には、

津波避難標識マーク

看板があるので分かると思います。

日頃から意識しておきましょう。

津波は起こる?(南海トラフ地震)

次に来るのではないかと予想される

地震で、南海トラフ地震があります。

突然ですが・・・

南海トラフ地震で発生する津波が

どのぐらいの【高さ、時間】

到達するのかご存知でしょうか?

各県で到達予想時間と波の大きさ、

被害の予想がされています。

ぜひ皆さんのお住いの地域を確認して

みてください。

恐ろしい地域が、

和歌山県:2分 (18m)
三重県 :4分 (14m)
高知県 :4分 (32m)

とされています。

最短で和歌山県に、2分で津波が

到達します。

2分以内に垂直避難ができるか?

すごく難しいですね。

では、

・沿岸部に住んでいる人
・会社が、海岸近くの人

はどうしようもないと

諦めるしかないのでしょうか?

ライフジャケット(救命胴衣)

このライフジャケット(救命胴衣)

ですが、津波対策ではあまり有効視

されていない傾向があります。

例えば、ものすごい勢いで流れる水に、

家や車、大木なんかが流れて来ると

ひとたまりもないですよね。

動画をみてもらっても分るでしょうが、

泳ぐとことはできそうにありません。

ライフジャケットは有効?

ライフジャケットの否定的な意見を

まとめました。

批判的意見
・津波の漂流物には無意味
・着てても津波では浮けない

などの意見が多いですね。

確かに時速何十kmのスピードで

家が流れてきたり、体が衝突すれば

ただではすまない可能性があります。

実際に試してみるわけにはいかない

ですからね。

しかし、津波でライフジャケットが

浮くことができないのかについては

研究されており、有効性も出ています。

津波で浮く?

こちらの研究では、

・なんで、泳げない(浮かない)の?
・ライフジャケットの有効性は?

について書かれています。

ライフジャケットを着けていないダミーが50 cmの人工津波に巻き込まれていったん水槽の底にまで引きずり込まれ水面に浮上できないこと、その一方で、浮力7kg重のライフジャケットを着けたダミーは水中に引き込まれることなく、水面にとどまることができることを実験によって証明できました。

国立研究開発法人海上・港湾・航空技術研究所 港湾空港技術研究所-津波による犠牲者を激減させる可能性が開ける

これによると、

・津波によって水面に引きずり込まれる。
・ライフジャケットをつけていれば浮く可能性がある。

ことが実験によって明らかになって

います。

また、別の記事では

能代港の海岸埋立用の護岸が津波で崩れ、多くの従業員が海へ投げ出された。渦の状態がよく判り、ちょうど、電気洗濯機の中で人と護岸用の石が回転した状態となった。多くの死者が出たなかで、救命胴衣を着用した人は、一人を除いて全員助かった。死んだ一人は、膨張式(ガス式)救命胴衣の背中が裂けており、ガスがもれていた。

引用:津波ディジタルライブラリィ 秋田県つり連合会-釣り人が証言する日本海中部地震 大津波に襲われた 秋田県つり連合会編

とあり、

救命胴衣(ライフジャケット)の

有効性は実際の災害でも一定の効果が

ありそうですね。

まとめ

・津波から逃げるためには、

 垂直避難が最も安全。

・津波では何もなければ浮くことが

 できない。

・ライフジャケットは津波では

 一定の効果がある。

 

ここまで読んでいただきありがとうございます。

参考になったと思った方はポチっとお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました